Cariot with KDDI

「さして、はしる」それだけ。
取付カンタン・工事不要
リアルタイム車両管理

車両管理を一元化、日々の活用と成果の可視化を実現!
Cariotを使えば、今まで見えなかったクルマの情報が可視化されます。
データを活用して、コンプライアンスから業務効率化までを強力に支援。

概要

クルマにデバイスを差し込むだけで、今まで見えなかったクルマの情報が可視化されます。
可視化することで、日々の車両管理に関わる業務が変わります。

また、アタッチメントデバイスを組み合わせることで車両以外のトレーサビリティ管理も可能です。
東南アジアに点在する車両、デバイスのトレーサビリティ管理はCariotで実現可能です。

このようなお客様に効果があります

営業車両管理の場合

車両利用報告書を自動生成

  • Cariotを導入すれば、自動的に走行データが記録されます。
  • もう手書きで車両利用報告書を作る必要はありません。
  • 使用状況・集計結果はクラウド上で確認。もちろんExcel出力も可能です。

余分な車が見つかります

  • どの車がいつ動いていたか、一目で把握できます。
  • 余分な車を忙しい支所に回しましょう。
  • 車両配備の適正化が進みます。

事故を未然に防ぎます

  • Cariotは急加速・急減速など危険運転を検知できます。
  • 危険運転の多いドライバーに運転指導をすれば、事故を未然に防ぐことが出来ます。

予約・キャンセルをスムーズに

  • Cariotには予約管理機能も入っています。
  • 会議室を予約するように、自動車も予約しましょう。
  • 予約したのに使っていない"カラ予約"もお知らせします。

ルート配送・建設工事を管理される方のメリット

配送状況をひとめで確認

  • Cariotを使えば、車両の現在地が一目で分かります。
  • お客様からの到着時間の問い合わせには、Cariotに表示されている到着予想時刻をお知らせしましょう。
  • ドライバーへの電話確認で、運転が中断してしまうこともありません。輸送効率の向上に繋がります。

荷積み・荷下しをスムーズに

  • Cariotでは地図上に目的地・通過地点を設定できます。
  • そして車両が進入・退出した際にメール通知することが可能です。
  • 到着先に「もうすぐ到着」「いま到着」をお知らせすることで、荷積み・荷下ろしがスムーズになります。

配送ルート・誘導員配置を適正化

  • Cariotを導入すれば、走行ルート内の滞留地点を見つられます。
  • ルート変更や誘導員の配置によって輸送効率を向上させましょう。

詳細な走行記録が残ります

  • Cariotを導入すると、どの車が、いつ、どのように走行したか、詳細な記録が残ります。
  • 計画通りに走行できたか、いつでも振り返ることができます。

特殊車両も管理できます

トラック、バイク、建設機械、その他、Cariotは幅広い車種でご利用可能です。

海外で使えます

お客様海外拠点で契約出来ます

  • KDDI現地法人が現地で導入サポートを行います。
  • もちろん現地契約可能です。

複数国にまたがる車両も一括管理エリアを気にせず使えます

  • soracom systemを活用しているので、国をまたぐ利用シーンにも柔軟に対応できます。

車両以外の管理も柔軟に対応します

  • アタッチメントデバイスを変えることで、車両以外の管理にも柔軟に対応します。

日本でのご利用について

https://www.cariot.jp/

お問い合わせ

価格や製品のお問い合わせはこちらから

+60-3-2070-5455

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ

+60-3-2070-5455

受付時間:平日9:00~17:30
(土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・ご相談フォーム